トップ
|
会社概要
|
業務範囲
|
独特な翻訳部
|
品質保証
|
成功例
|
採用情報
|
お問い合わせ
業務範囲
 
基礎医学と臨床 詳しく

生理学、病理学、生物化学、分子生物学、バイオ医学工程、循環器内科、呼吸器内科、脳外科、神経外科...

 
薬学資料 詳しく

薬理学、毒理学、薬品化学、薬品分析学、薬剤学、製剤処方および技術、原料・補剤の由来および品質基...

 
医療器械および製品 詳しく

IEC(国際電気標準会議)報告、レントゲン機器、超音波機器、MRI、CT、呼吸機、血液浄化用機...

 
国際会議同時通訳 詳しく

国際会議、研究討論会、年会会議の現場通訳、同時通訳、遠距離会議翻訳、映像資料、大会議日程翻訳、...

成功例
SFDA
WHO(World Health
WHO(World Health
Novartis Pharma
Beijing Municipa
Bayer
Healthcare
Chinese Medical
Nycomed Pharma
 
 
独特な翻訳部

独特な翻訳部
    北京杏林医学翻訳センターは、設立以来たゆまぬ努力を続け、北京でも数少ない多言語対応の医学・医薬専門翻訳会社となりました。
    弊社には優秀な翻訳スタッフが揃っており、現在は5つの特色ある医薬翻訳部門を設けております。

新薬登録申請資料翻訳部
 新薬登録申請資料翻訳部は、薬理学・毒理学・生薬学・薬物化学・薬物分析学・薬剤学・臨床医学・臨床薬理学に精通した翻訳者により構成されています。当部門のスタッフは、新薬登録申請資料(Application Dossier for new drug Registration)の全資料(薬品生産技術・品質基準・急性毒性・慢性毒性・皮膚刺激テスト、生殖・発育・遺伝毒性テスト、薬品機臭鹸臨床テスト(国際多施設共同治験・ダブルブラインド試験・ランダム化対照テストなど))、薬品研究状況論文・研究論文・発表論文などに精通しており、毎年20種以上の新薬登録申請書を翻訳し、翻訳字数は1000万字以上に上っております。

医療機械翻訳部
 
医療機械翻訳部は総合的な部門であり、基礎医学・臨床医学・物理学・工程学・機械製造学などに精通した翻訳者により構成されています。当部門のスタッフは、レントゲン・超音波・MRI・CT・PET・SPECT・DICOM・直線加速器・加圧発生器などの医療用電子設備や診断設備、および検査機器・臨床各科(循環器科・歯科・整形外科など)で使用する各機器・設備に精通し、毎月IEC(国際電気標準会議)検査報告数編と、十数件の新型医療器械製品の登録資料・製品説明書・使用説明書などの翻訳を行なっております。

医薬論文翻訳部
 医薬論文翻訳部は、医薬従事者の英文論文の作成・発表などの問題を解決するため、長年にわたる医薬論文翻訳や論文発表の経験をもったベテラン翻訳者を集結し、2004年に設立されました。当部門はベテラン翻訳者・外国人翻訳および言語学者によって構成され、英・米・韓・日・香港・台湾の翻訳会社とも提携しております。これまで、国内外著名医薬学雑誌に発表された医学論文を累計で数百編翻訳しており、その多くがSCI(Science Citation Index)に収録されています。また弊社は、ここ数年間で国内の医療機関(医科大学・病院など)数箇所と長期契約を結び、毎月数十編の論文翻訳を承っております。さらに多数の国内外雑誌とも長期契約を結び、雑誌論文の摘要・目録・または論文全編の翻訳を承っております。

中医薬翻訳部
 中医薬文化の対外交流は日々盛んになっていますが、専門用語の規範化などはまだ不完全です。弊社は、長期にわたる中医薬翻訳経験を活かし、世界中医薬連合会・中医科学院・中華中医薬学会・北京中医薬大学の翻訳者を集め、2005年に中医薬翻訳部を設立しました。また開設翌年からは北京中医薬大学医学英語班の教育実習機関として認定されております。さらに中医薬翻訳部は、多数の書籍(英語・日本語・韓国語などの起草を含む)を翻訳し、それらの書籍が海外で出版されています。出版書籍には、中医基礎理論・中薬学・方剤学・針灸学・中医内科学などがあり、国際的にも高い評価をいただいております。この他、中医薬翻訳部は中医薬製品の翻訳経験も豊富であり、同仁堂・東阿阿膠集団・羚鋭集団製品の薬品説明書・中薬薬物成分分析や、中薬関連製品の登録申請資料の翻訳も多数行なってまいりました。

通訳部
 通訳部は医薬系の海外留学経験者および華僑や、バイリンガルの専門スタッフにより構成されています。人民大会堂・北京国際会議センター・中国大飯店などで行われる大型会議の同時・逐次通訳を数多く行ってまいりました。またWHO職員会談の通訳や世界胃腸がん学術会議の同時通訳なども承ってまいりました。通訳部スタッフは通訳経験が豊富で、医薬専門知識にも精通しております。またビジネス経験も豊富なため、医学学術交流・医薬ビジネス会談や一般会議の同時・逐次通訳も承っております。
 
提携企業:

CCPIE
World Health Organization
China Medical Association
Chinese Academy of Medical Sciences
Peking Union Medical College
Peking University Health Science Center
Beijing University of Chinese Medicine
China News of Traditional Chinese Medicine
Foreign Language Teaching & Research Press
Medical Centre of Fudan University
Second Military Medical University
Witall Chinese Communications
CLS Communication

 
©

2004-2017北京杏林医薬翻訳センター